人気の教育ローン

a0001_013545

銀行の教育ローンの比較

近年では、銀行などから教育ローンの借入れをされている方も多くなっています。

教育ローンとよく似た制度には、奨学金というものがありますが、その両者の基本的な違いについては、教育ローンの場合は親が子供の教育のために銀行などから借入れる借金になります。

それに対して奨学金の場合には、子供自身が学資金として背負う借金ということになります。

従って奨学金の場合には、社会に出て働くようになった際に、当然借金返済をしていかないといけない義務があるということにもなります。

そうしたこともあり、世の中で働いている若い方の中には、この奨学金の借金をしている方がかなりおられると言われています。

その他にも子供が背負う奨学金と親が背負う教育ローンとを併用して、利用しておられる家庭もあるようです。

そこで金利の面については、やはり奨学金の方が教育ローンに比べると、金利設定も低くなっているようです。

それでは、どの銀行が教育ローンについては、金利設定が低めなのかという点も気になるところなので、ネットで調べてみることにしました。

すると、千葉銀行のスーパー教育ローンが金利では、年2.2~2.4%と他の銀行よりもかなり低めの設定となっており、私が閲覧している比較サイトにおいては、一番人気となっています。

具体的な申込みについては、ネットと郵送との2種類の申込み方法があるようです。

ただし、銀行の窓口での申込みに比べると、実際の借入れまでには日数が掛かるようです。

しかもこの千葉銀行の教育ローンの場合には、千葉県全域と東京都や埼玉県に住まいのある方に限定されてしまうようです。

しかしながら、最大借入れ限度額は、3000万円とかなり高額になっており、借入期間についても16年6カ月までならば可能になっています。

その他にも、東京都に本店のある八千代銀行も金利設定が2~3.4%となっており、人気があるようです。

こちらの銀行も東京都・神奈川県・埼玉県といった関東圏内に限定されてしまうようです。

また、マイカーローンでも人気のある住信SBIネット銀行においても、ミスター教育ローンという商品が人気の上位にランキングされています。

こちらの教育ローンについても、金利設定が2.775~3.975%となっており、かなり低金利設定なので人気も高いようです。

これらの銀行の教育ローンは、変動金利型ローンでもあるので、景気の変動によって金利も変動するということにもなります。

人気のマイカーローン

a1180_005638

住信SBIネット銀行のマイカーローン

いろいろあるローンの中でも自動車を購入する際のマイカーローンなどは、誰もが利用するローンなのではないかと思います。

そのマイカーローンで最も多いのが、自動車を購入しようとしている販売業者が提携しているローン会社のローンを利用して、ローンの返済をするというケースなのではないかと思います。

しかし、実際にわずか数年間のマイカーローンとは言っても、ローン会社の金利条件によっては、マイカー代金以外に支払う余分な手数料も随分と違ってくるのではないでしょうか。

そこで、実際にインターネットでマイカーローンの利用人気度や有利な金利条件などを調べてみることにしました。

すると、住信SBIネット銀行のミスター自動車ローンというマイカーローンが、見事1位にランキングされていました。

そこでまずは気になる金利条件についてですが、年1.775~3.975%となっています。

ちなみに2位にランキングされているのが、関西アーバン銀行のマイカーローンで金利条件は2.7~3.8%となっており、融資額によっては上限金利が適用され易い場合もあるので2位の方が勝っていると言えるのかもしれませんね。

そして住信マイカーローンの借入れ金額については、10~1000万円までとなっていて、借入期間は10年までとなっています。

しかも住信マイカーローンのページには、返済金額を入力してシミュレーションが出来るようになっているので、まずはマイカーローンを検討している方はこうしたシミュレーションなどで返済金額などの計画を立てることも可能になっています。

例えば200万円を5年返済計画で借入れた場合には、金利が年3.175%適用されて毎月36,093円の返済金額になるようです。

その上中古の軽自動車などを購入する場合のように、借入れ金額が100万円までならば年収証明書などを提出しなくてもいいようになっています。

それからこの住信マイカーローンの場合は、自動車を購入する費用だけでなく車検や修理などの費用・あるいは運転免許の取得費用などにも利用することが出来るようになっているので、そうした用途が多彩な面でも利用し易いでしょうね。

具体的な申込み方法については、まだどの車を購入しようか迷っている場合でも、ネットで申込みをした時点で仮審査が行えるようです。

その後メールで仮審査結果が通知されて、後日送られてくる書類に必要事項を記入するようになっています。

こうした、ネットで手軽に申込みが出来るようになっている点も有り難いですね。

ローンの概観

a0960_005581

いろいろな種類のローン

富裕層の方ならばともかく、一般庶民にとってはもちろん貯蓄もされておられるとは思いますが、結婚や出産・お葬式・車や住宅の購入といったいざ大きな出費ともなると、ローンという分割払いの制度は大変有り難いものです。

そうしたローンにおいてもカードローンのように使い道が自由なローンから、マイカーローン・住宅ローン・教育ローンなどのように使用用途があらかじめ限定されたローンなどがあります。

その他にもすでに借入れをしておられる方に向けた、借り換えローンと言われるようなもっと有利な金利条件で、ローンの組み換えを行うことが出来るローンなども各銀行などには用意されています。

 

ローンには大切な返済方法と金利条件

また返済方法についても大きく分けると、元金と利息分を均等に毎月支払っていく元利均等返済方法と、元金を毎月均等に返済しながらも利息分に関しては毎月減っていく元金均等返済方法などがあります。

その他にも、ボーナス時により大きな金額を臨時返済する方法などもあります。

こうした返済方法には、各々メリットやデメリットがあるのでローンを組む際にも銀行の方と相談しながら、ご自分にあった返済方法を選択することが大切であると言えます。

それからローンを組む際に肝心となる金利についても、大きく分けると固定金利型と変動金利型とがあります。

例えば固定金利型の場合、あらかじめローンを組む際に金利相場が決められているのに対して、変動金利型の場合は今回の消費税の新たな増税や経済状況の変化などによって、ローンの金利相場が変動するようになります。

従ってどちらが有利なのかについては、将来の景気の動向などによってそれぞれの状況も変わってくるということにもなります。

そしていろいろなローンがある中において、とりわけ住宅ローンにもなると一生においての一番大きな金額の買い物でもあるので、借入れをお願いする各銀行が提供しているサービス内容などを十分に検討する必要があると言えます。

幸いにも今日では、インターネットが随分と普及していることもあり、わざわざ各銀行に出向いてローンの説明を受けなくても、メリットともなる有利な条件を各銀行のホームページなどで紹介していることが多くなっています。

そうしたホームページを拝見して、各銀行の金利条件や返済方法などローン商品の有利性を把握することで、事前に検討しておくことも大切であると言えます。

( 参 考 : カードローンを比較